November 18, 2015

0 Comments

Oral History and Earthquake Survivors by Indira Chowdhury (한국어)

http://wp.me/p3XDT1-1dL 우리는 인디라 쵸우드리(Indira Chowdhury)가 2015년 4월 25일 네팔의 학생들에게 연설한 이 내용을 공유할 수 있게 된 것을 영광으로 생각합니다. 2015년 4월 25일 고르카 지진은 마단 푸르카 푸스타크라야 기록보관소 (Madan Puraskar Pustaklalaya Archives, http://madanpuraskar.org)를 파괴했고 또한 현 국제구두역사학회와 인도구두역사학회의 회장인 쵸우드리가 가르치고 있던 구두역사와 전자기록보관 수업에도 지장을 주었습니다. 우리는 쵸우드리가 이 함축적인 수필을 기고해 준 […]

Continue reading...

November 18, 2015

0 Comments

口述史与地震幸存者

口述史与地震幸存者 http://wp.me/p3XDT1-1dL 国际口述史协会主席 英迪拉•裘德胡里 我们很荣幸得到了英迪拉·裘德胡里的许可分享这篇短文,此文起初是为尼泊尔学生做的一个演讲。2015年6月25日,廓尔喀大地震摧毁了马丹·普拉斯卡·普斯特卡拉亚档案馆(http://madanpuraskar.org)。这场地震也中断了裘德胡里最后一天的口述史与数字存档课程,她目前是国际口述史协会与印度口述史协会的主席。我们感谢裘德胡里在该口述记录中所做的贡献,这则能唤起人记忆的记录可能有望给予我们从不同领域去联系亚洲的科技史研究,在亚洲范围内及与亚洲相关的学术中,有机会广泛反应我们作为其支持者和受益者的角色。那些希望学习或帮助重组尼泊尔马丹•普拉斯卡•普斯特卡拉亚档案馆的人,可直接访问此处链接。——丽莎·翁长 Translated by Chao Huang, Postdoctoral Researcher, Sun Yat-sen University

Continue reading...

November 18, 2015

0 Comments

口述歴史と地震の生存者たち

口述歴史と地震の生存者たち http://wp.me/p3XDT1-1dL インディラ・チョウドリー(国際口述歴史学会会長 ) 私たちはインディラ・チョウドリーに、もともとネパールの学生らに向けて書かれた彼のエッセイをこの場で紹介するという光栄な機会と許可を与えてくれたことに感謝の意を表します。2015年4月25日、ゴルカ地震はマダン・プラスカー・プタカラヤ歴史資料館 (http://madanpuraskar.org) を破壊しました。それはまた、現在の国際口述歴史学会とインド口述歴史学会会長であるチョウドリーが教えていた口述歴史と電子史料庫に関する授業の最終日を中断させました。チョウドリーの示唆に満ちたこのエッセイが、アジアの科学技術史とさまざまな分野を繋ぎ、またアジアの学識の支持者や受益者としての私たちの役割を広範に改めて考えさせる機会を与えるものになることを願っています。ネパールのマダン・プラスカー・プタカラヤ歴史資料館の再建に関する詳細は、このリンクを参照してください 。 リサ・オナガ Translated by Kaori Abe, Postdoctoral Fellow, Nanyang Technological University

Continue reading...

November 18, 2015

0 Comments

Oral History and Earthquake Survivors by Indira Chowdhury (বাঙালি)

http://wp.me/p3XDT1-1dL Please click the link below for the translation. Bengali Translation of “Oral History and Earthquake Survivors” Translated by Somaditya Banerjee, Assistant Professor, University of Idaho

Continue reading...

November 18, 2015

0 Comments

Oral History and Earthquake Survivors by Indira Chowdhury

Oral History and Earthquake Survivors by Indira Chowdhury, President of the International Oral History Association http://wp.me/p3XDT1-1dL We are honored to have permission from Indira Chowdhury to share this essay, written originally as an address to students in Nepal. On 25 April 2015, the Gorkha earthquake destroyed the Madan Puraskar Pustaklalaya Archives (http://madanpuraskar.org). It had also disrupted the last […]

Continue reading...

November 13, 2015

0 Comments

Forum-Sponsored Panel at 2015 HSS: “Translation as Process” (বাঙালি)

Please click the link below for the translation. Bengali Translation FHSA SF 2015 Translated by Somaditya Banerjee, Assistant Professor, University of Idaho Original panel abstract in English: https://fhsasiahss.wordpress.com/2015/11/13/forum-sponsored-panel-at-2015-hss-translation-as-process/

Continue reading...

November 13, 2015

0 Comments

2015科学史学会年会特别组会: “翻译与沟通”

在亚洲科技史论坛成立的第五周年,我们将在2015年科学史学会会议下开办一个“翻译与沟通”分会,我们诚挚地邀请您来旧金山一同参与。 ‘翻译与沟通’:科技发展史中各国对知识、物质和概念的交流。 该圆桌会议会对“翻译”这个词进行多个层面的解读,不仅限于语言的翻译和认知。时至今日,我们当然知道不同文化背景的人对时间和空间之类的基本概念有不同的文化解读。‘翻译’被用来弥合多语言的差异,不论是在物质还是信息交流进程中。 来自不同领域的学者会在不同的文化、语言、地区和时代的背景下就各种翻译过程中知识、概念、技术和物质的互动进行讨论。Tom Mullaney指出在计算机进入中国时“翻译”起到的作用。Maki Fukuoka探讨在19世纪日本的医疗实践中成像技术的作用。Projit Mukharji讨论科学翻译的异构和动态过程及其在殖民和后殖民时代的印度科学传播中的作用。Joachim Kurtz对中国近代史中“西学”概念的形成和局限性进行反思。Martina Schlünder会比较在相近文化和差异文化中翻译起到的作用有何不同。 该圆桌会议由亚洲科技史论坛资助。 演讲嘉宾: 1.翻译机:中国计算机的冷战史 Thomas Shawn Mullaney,中国近现代史副教授, 斯坦福大学 2.成像技术在19世纪日本尾张的应用 Maki Fukuoka, 讲师, 利兹大学 3.在运动知识中翻译的使用和局限性 Joachim Kurtz,思想史教授, 海德堡大学 – Karl Jaspers中心 4.母语化的翻译:权力,影响和声音的美学 Projit Bihari Mukharji,马丁·迈耶森助理教授, 宾夕法尼亚大学 – 历史与科学社会学 5.通过翻译改善?对Ludwik Fleck“创世纪和科学事实的发展”的多语言解读 Martina Schlünder,居里夫人研究员/访问学者, 多伦多大学/柏林马克斯·普朗克科学历史研究所 Translated by Hongjin Liu, PhD Candidate, University of Leeds Original panel abstract in English: https://fhsasiahss.wordpress.com/2015/11/13/forum-sponsored-panel-at-2015-hss-translation-as-process/

Continue reading...

November 13, 2015

0 Comments

プロセスとしての翻訳:アジア科学史(とその先)における越境する知識、物質、概念

2010年に始動した フォーラムの5周年を記念して、私たちは 2015年のHSSで「プロセスとしての翻訳」というパネルを主催します。みなさまのご参加をお待ちしています。  プロセスとしての翻訳:アジア科学史(とその先)における越境する知識、物質、概念 このラウンドテーブルは、言語や認識論的な側面を越えた「翻訳」の複数の側面とプロセスを扱う。今日に至るまで、人々が文化を超えて時間や空間といった基本的な概念枠組ですら同じように理解できているとは断定できない。「翻訳」は言語的な相違より多くのものを乗り越えなければならず、しばしば物質的で実質的な交渉のプロセスに疲れ切っている。このパネルでは、多様な分野の学者がオーディエンスとともに多様な翻訳のプロセスを、文化、言語、地域、時代のなかで相互作用し再構成される知識、概念、技術、物質から、批判的に反芻する。トム・ムラニーは、中国のコンピューターにおける物質、言語、文化の「翻訳」を検討する。マキ・フクオカは19世紀の日本の医学実践における絵画化の役割を探る。プロジット・ムクジは植民地時代とポストコロニアルな時代のインドにおける異質でダイナミックな科学翻訳のプロセスとその理論化を議論する。ホアキム・クルツは、「ウェスタン ラーニング」という新しく作られた中国語を例に、翻訳学の限界と洞察への批判的な再検討を行う。ルドヴィク・フレックの仕事の英語翻訳を、異なる「思考集団」と「思考様式」による流用の事例(フレックの理解によれば)として明らかにすることで、マルティナ・シュランダーは、 翻訳と伝達をめぐる議論を 「より近い」および「より遠い」語族と文化的文脈のあいだでの継続する交渉とプロセスとして問題化する。 このラウンドテーブルはForum for the History of Science in Asianによって主催されます。 パネリスト 1.機械の翻訳と翻訳機械:中国のコンピューティングの冷戦史 トーマス・シャウン・ムラニー、近現代中国史 准教授 スタンフォード大学 2.翻訳、絵画化、そして19世紀の終わりの日本における医療実践 マキ・フクオカ 講師 リーズ大学  3.動く知識の歴史における翻訳研究の利用と限界 ホアキム・クルツ インテレクチュアルヒストリー 教授 ハイデルベルク大学 カールジャスパースセンター 4.日常言語化される翻訳:音のパワー、感情、美学 プロジット・ビハリ・ムクジ マーティンメイヤーソン助教授 ペンシルバニア大学 科学史・科学社会学 5.翻訳によって改善する?ルドヴィク・フレックの『科学的事実の生成と発展』における複数の言語と複数の来世 マルティナ・シュランダー マリー・キュリー・フェロー 客員研究員 トロント大学 マックスプランク科学史研究所 Translated by Maika Nakao, Postdoctoral Fellow, Max Planck Institute for the History of Science Original panel abstract in English: https://fhsasiahss.wordpress.com/2015/11/13/forum-sponsored-panel-at-2015-hss-translation-as-process/

Continue reading...

November 13, 2015

0 Comments

Forum-Sponsored Panel at 2015 HSS: “Translation as Process”

To mark the fifth year of our forum since its inception in 2010, we will be hosting a panel at the 2015 History of Science Society Meeting, “Translation as Process.” We cordially invite you to join us in San Francisco.  Translation as Process: border-crossing knowledge, materialities, and concepts in the history of science in Asia (and beyond) […]

Continue reading...

October 26, 2015

0 Comments

A Survey for the Reader Project in the History of Science

Calling all FHSAsia members and friends and colleagues! Which articles (on any topic and epoch in our fields) would you recommend most heartily to colleagues, students, or anyone interested in our field? Click on this link to make your opinion count in the creation of a two-volume, multi-language reader that will translate into Chinese ten […]

Continue reading...